学生時代に体験したいバイト

 

学生時代の短期バイト経験が役に立った!

役に立ったバイト

インターネットの求人サイトを開くと、アルバイトの職種ってホント沢山ありますよね〜。私も学生時代はけっこう短期の仕事しましたが、やっておけば良かったなーと後悔するバイトも少なくありません。定職に就職を就いたら簡単に仕事を変えることはできませんが、学生バイトなら気軽にハシゴしたり出来ますよね。今のうち、多様な業種を知っておいてもいいかも?

 

そこで、昔のアルバイト体験から「学生時代にやっておけばよかった」と残念な思いがする仕事をピックアップして貰いました。アナタの体験したかったアルバイトはありますでしょうか?

接客の心得、コミュニケーションが磨ける

「某通販ショップのお客様相談センターの仕事。コールセンターで応対するのですが、半分はクレーム処理でした。最初は戸惑いましたけど、対応マニュアル等で徐々にスムーズに出来るようになった。電話対応に苦手意識がある人は克服できるかも。」(26歳/受付)

 

学生から就職すると、社会の仕組みや人間関係で上手くいかない人がいます。在学中になるべく多岐の世界に触れることで、コミュニケーションのノウハウが自然と習得できるでしょう。友達のように好きな人だけと付き合うわけにはいきません。人間性を高めるためにも、バイト体験はオススメです。

 

珍しい・希少な仕事(レア・バイト)

「芸能関係のサークルに所属し、エキストラや番組観覧(サクラ)のバイトを沢山やった。縁がないと出来ない業界なので貴重な経験だった。有名なタレントが見れてラッキーでしたね。」(24歳/福祉関連)

 

「募集が少ないという点では、巫女さんに3回目の応募で採用されて初体験した。白装束に憧れたけど、やってみたらこんなもんかな〜って感じ。年末年始とか事前に研修のようなものがあり、普段はできない世界に踏み入れたようでした。」(21歳/飲食店勤務)

 

募集人数が少ないバイト、期間限定(短期間)の採用、資格やスキルが必要な条件だと、珍しい仕事になります。また、ある程度の年齢制限があったり、容姿・ルックスにより面接で落とされる・・なんてレアなケースも。学生時代なら若いし怖いものなし。今のうち経験しておくといいのでは

一番身近で親しみやすい飲食業

「ファミレス店員(クルー)。フロアは時間により忙しさが段違いで、仕事の内容も違ってきます。案内など接客、配膳などテキパキやらないとクレームの嵐です。。だから時給が低いのは改善してほしい。せめランチタイムだけでも50円でもアップして!」(29歳/飲食業)

 

普段の生活で一番接する期間が多いのが飲食店のアルバイトさんでしょう。いつも笑顔で段取りする様子はとても好感が持てます。実際は料理w運んだり接客したりと大変そうでも、楽しい雰囲気も感じられます。同世代の仲間もできそうだし、一度は経験して損はないでしょう。

 

将来の役に立つ知的な職業体験

「会計事務所で雑務を担当。経理的な仕事は簡単なお手伝い程度でしたが、業務の職場のイメージができて、ますますこの職種に興味を持った。まずは会計士や税理士資格をとらなきゃ、なんですが。。」(21歳/大学在学中)

 

実力がものを言う世界で知的好奇心が強い学生さんの支持が強い。社会に出てから活かせるスキルも磨け、経験値がグッと上がりそう。じっくり腰を据えてアルバイトしたい人に。

 

私の場合は、やってよかたなと思うのは実は家業の手伝いです。オヤジは電気工事の仕事を一人でやっていたので学生時代は毎日のように現場へ駆りだされました。電気の知識はないけど電線を運んだり、仮設の電柱を立てたり重労働でした。簡単な器具の取り付けな出来るようになったので、いまでも家コンセントなどが故障すると電気屋呼ばずに自分で直しています。