臨床試験バイト

 

臨床試験モニターのアルバイト

薬の臨床試験

臨床試験のアルバイトはモニターという形で、新薬の開発などの貢献する仕事です。試験コーディネーターなどの指示に従って新薬を飲んで体への影響を調査したり、各種の検査を受けたりする内容です。臨床試験のモニターはは治験バイトで募集されることもあります。とても楽して高収入が稼げると評判です。

 

 

臨床試験バイトの体験談

私は1週間だけ臨床試験のモニターのアルバイトを経験した事があります。
大学生の時に授業料などのお金がなくて、インターネットでモニターのアルバイトの申し込みを行ったのです。高収入で楽なアルバイトである事が特徴なので、応募者が殺到しましたが、運良く1週間の臨床試験を行うモニターに選ばれました。

 

臨床試験が行われる日はちょうど大学は夏季休暇に入っていたので、長期の休暇を利用して、都会に出てから施設に入る事になりました。事前に病気などの有無に関する調査を行って、健康体である事を確認して、施設の中で1週間だけ過ごしました。

 

試験を受けるための施設の中は冷暖房の設備などが完備されていて、食事に関しても施設側が出してくれます。基本的に食事に関しては規律が厳しいので、自由に外出してお菓子を買うなどの行為は禁止されていました。但し、夏場である事を考慮して水などを飲む事は許可されていたので、施設内ではお茶などの飲み物で喉の渇きを潤していました。

 

夏休みでも快適に過ごすことが出来た

1日のうちに定期的に新薬を飲んで、定められた食事を行って、21時の就寝時間をきちんと守れば、検査などの時間を除いて施設の中では自由に行動できた事が楽しかったです。施設の内部にはパソコンや漫画などの本が置かれていたので、施設の内部にあるパソコンなどを自由に使用しても良いです。私は自由時間に関しては、パソコンで自分のブログを更新したり、他のモニターの人と楽しく会話をしながら過ごしました。

 

治験のモニターになる

 

夏場で外で仕事を行うと暑さを感じる事が多かったですが、施設内で暮らす事によって冷房が効いる中で1日を快適に過ごすことができました。そして新薬を飲んだり、監督者の指示の下で血液検査を受けました。1週間の試験の期間中に関する過ごし方は自由ですが、新薬の種類が異なって、薬を飲んで行くうちに多くの人に役に立つ事も感じました。

 

臨床試験のモニターは時給がいい

臨床試験のモニターの給料は、基本的に試験が終了した時点でまとめて受け取ります。私の場合は、臨床試験が終了した段階で担当者から20万円ほどの現金を封筒に入れて纏めて頂きました。臨床試験のモニターの日給は2万円から3万円が相場で、多くのアルバイトの種類の中では跳びぬけて高収入の職種の1つであると言えます。

 

プログラマーのような専門性を必要としないで、体力をあまり使用しないで健康の条件だけで高収入を受けられる仕事は、新薬のモニター以外には見つからないので、臨床試験のモニターは、お金がなくて健康な人にとって魅力的です。