日払いと即日払いの違いとは?

 

日払いバイトで注意したいポイントは?

給料の支払いを確認する

日払いのバイトをする前に、絶対に確認するべきことと注意点があります。

 

「こんなはずじゃなかった・・・」なんてことにならないために、日払いバイトを応募する前の、注意すべき重要ポイントをまとめてみました。

 

どれも日払いアルバイターにとって、必要な知識ですので、しっかり覚えておいて下さい。

 

 

日払いと即日払いの違い

これがもっとも気をつけるべきポイントなのですが、日払いと即日払いは違います。日払いだからといってその日に支払われるとは限りません。日払いとは給料の締め日が1日という意味ですので、支払日は会社によって様々です。なのでバイトで実際に働く前に、給料の支払いについて確認しておきましょう。

 

ただし、短期での日払いの場合はたいてい翌日や、長くても数日後には支払われると思います。もちろん、その日に支払う所もあります。

 

また、支払い方法も現金払いと銀行振込があります。バイト終了してから数日後に支払う場合は通常銀行振込ですが、中にはバイト会場で後日現金支給される場合もあります。ですので、給料はいつどんな形で支給されるのかを事前にしっかりと確認しておいて下さい。

 

それとは逆に、即日払いはその名の通りその日に給料が支払われます。たいてはその日に現金支給されると思います。

 

その日に現金支給されるので、領収書に印鑑が必ず必要になります。ですので、印鑑は必ず用意しておきましょう。忘れると、領収書を郵送でやり取りすることになり、その分の費用は自己負担になる場合が多いので、注意して下さい。

 

それと、たまにですが、「シャチハタはダメ」というところもあります。一応確認したほうが良いかもしれません。

 

短期日払いバイトの持ち物

持っていくものとしては、印鑑、身分証明書、給与振込先がわかるもの(通帳など)、筆記用具、スマホ(携帯)などです。

 

身分証明書は本人確認のために必要になります。筆記用具はエントリーカードの記入など、通帳などは銀行振込の際の確認に必要です。特に登録制のバイトの場合は必須ですので、必ず持って行きましょう。

 

スマホや携帯は持って行かない人はいないと思いますが、これも忘れてしまうと場所がわからない場合に困りますし、万一遅刻しそうな場合に必要になります。もちろんバイト先によって様々です。持参するものは募集事項に書かれていますので、よく確認して当日は忘れないようにしましょう。

 

交通費の確認

意外と忘れがちなのが、交通費が支給されるかの確認です。短期や単発の日払いバイトでは、交通費が支給されない場合もあります。その場合、当たり前ですが自己負担です。

 

バイトの場所が遠くの場合、交通費だけでかなり損することになりますので、交通費は支給されるのか、また交通費一部負担となっている場合はいくら支払われるのかは絶対に確認して下さい。

 

 

■まとめ■

日払いバイトで注意すべき点と確認事項をご紹介してきました。特に間違いやすいのが、日払いの給与支払日です。多くの人が日払いという言葉からその日にもらえると思っていますが、そういうわけではありませんので、バイト先に必ず確認してください。

 

それと、忘れがちな交通費の支給。日給8000円のバイトしたけど、交通費で1000円以上かかったなんてことになったら泣くに泣けないですよね。
1給与の支払日と支払い形態
2持ち物
3交通費の支給額

 

この3点をよく確認して応募するようにしてください。

 

日払いバイト・即日払いバイトを実際に検索してみよう!