ダブルワーク バイト

 

短期・日払いならWワークでしっかり稼げる(Wワークの選び方)

レギュラーのバイトがある学生さん、他のお仕事がある社会人やパートの方なら、短期で「ダブルワーク」という働き方もあります。短期や日払いなら1日単位でも勤務も可能ですので、空いた時間(日)だけバイトもOK。

 

大学生や高校生の夏休みなど、長期休暇ならバイトの掛け持ちだって不可能じゃないです。短期間でまとまったお金が欲しいとき、スケジュールのない日を無くしたい方、ダブルワークで日払い・単発のバイトはいかが?!

ダブルワークの探し方

普段から飲食関係や事務系のお仕事でアルバイトしている人も多いよね。平日の授業やプライベートも忙しいのにご苦労様です〜m(_ _)m

 

でも、もっとお金が欲しいときや時間に余裕がある場合は、Wワーク(ダブルワーク)をしてみては?

 

夏休みなど休暇のときならスケジュールもバッチリ、時給が高くて割の良い短期アルバイトもいっぱい募集されています。夏限定でいいので挑戦してみたいですね!

 

効率よく働いていけば、短期間でもかなりイイ収入が期待できちゃうよ〜。

 

 

大学生のダブルワークってどんな仕事がある?

軽作業

在学中は学校の授業がメインで、シフトをアルバイトがあったらWワークはキツイね。そんな方には週末限定で単発のバイトが休暇中の短期バイトがおすすめです。

 

夏休み・春休み・冬休みといったまとまった休暇中に、1週間〜1ヶ月くらいの短期を探す感じですね。自分のプライベートの予定とよく相談して出来る範囲でダブルワークを探せばOK。季節ごとのイベントっぽい仕事とか、職種にこだわらなければ選び放題ですので検索してみよう。

 

 

メインの仕事と掛け持ちで!ダブルワークでガッチリ稼ぐ

ダブルワークは、簡単にいうと掛けもちで仕事をすること。正社員(サラリーマンなど)が本来の仕事以外に、休日などにお小遣い稼ぎでアルバイトしたりすること。「副業」という場合もあり。メインワークに1つ、もしくは2つの仕事を掛けもち…なんて人も。

 

実は、昨今の不況やお給料が上がらない状況のなか、Wワークをする人が急増しているらしいです。サラリーマンにしても家のローンや子供の教育費とか、支出を削れないなら収入を補う必要がありますので…。

 

さらに、将来的には消費税のアップ(8%⇒10%)して家計の負担がまたまた増加するかも。ガソリンも高騰で通勤やレジャーで余計な費用が必要になってます。
そんな場合に、仕事が終わった後や週末の空いた時間に、Wワークしているのでしょう。夏休みや年末年始などに集中的に短期バイトでドンと働くのも、珍しくないようですね。